簡単に消えないシミは機器のチカラを拝借|お肌の危機を救う方法

女性

対策方法と改善方法

整形

一度出来てしまうと、なかなか消すことが難しい肌トラブルがシミです。シミは化粧品などでごまかせない事もあるので、そういったしぶといものには是非美容外科やクリニックの施術で取り除いていきましょう。また、施術だけでなく予防も勿論大切です。

詳細を確認する

加齢トラブルを改善

顔の手入れ

紫外線を浴びてしまう事で、肌内部でメラニン生成が行われてしまい肌表面にシミが発生します。年齢を重ねても綺麗な肌を維持するためにも美容皮膚科でレーザー治療を行い、シミなどの加齢トラブルを治療する女性が増えてきています。

詳細を確認する

肌の白さを取り戻すために

女性

美容整形外科では、シミを消す治療をレーザー照射や内服薬によっておこなっています。レーザー照射をするとシミはかさぶたとなって剥がれ落ちますし、内服薬を服用するとメラニン色素の生成が抑えられます。効果が出るまで1〜3ヶ月ほどかかることが多く、その間は新しいシミができないように気をつけることが大事です。

詳細を確認する

お肌のトラブル対策

女性

シミ対策は日頃から行なっていくことが大切ですが、自分では解消出来ないケースもあります。そんなときにはトリートメントやクリニックでのレーザー治療を受けるといいでしょう。それらで美肌を保つことが出来ます。

詳細を確認する

老けた見た目を解決

気になるシミは美容外科で治療して除去することができるので、コチラの情報をぜひ参考にしてください。スキンケア方法も必見です。

シミを発見したら、評判の良い美容外科にで治療してもらいませんか?効果的な方法で目立たなくしてくれますよ。

女性

女性を老けた印象に見せてしまうのがシミであり、取り除くにはメラニンの色にのみアプローチするレーザー照射や薬剤によるプチ整形術が提案されています。シミと一口に言っても種類も実に様々で、例えば、老人性色素斑は30代となる若い年代の肌にも現れる種類です。紫外線によるメラノサイトが活性化してメラニン色素が沈着することが原因であり、四肢や体幹部などの顔以外に現れるのも特徴です。さらに雀卵斑やそばかすと呼ばれる種類もシミの1つに挙げられており、老人性色素斑は深い場合が多いものの、そばかすは浅くて色白の女性に多く見受けられる症状です。シミの種類をはじめ、色素沈着として現れる部位や広さなどを考慮し、1人1人に適したプチ整形術が必要となります。薄くしたり取り除くためにもっとも提供されているのがレーザー治療であり、一瞬の強力なパルスレーザー光を用いり、皮膚に照射するのが特徴です。高い出力でも照射が可能となるレーザーは、浅いそばかすなどのシミはもちろん、太田母斑や外傷性色素沈着などにも対応できる機器となります。色素沈着に作用することによって、シミのみならず、美肌効果までも自然に得ることができるためにエイジングケアとしても注目されているレーザーです。

シミを薄くしたり、取り除くためのプチ整形を行いたい場合に気を付けるべき点は、発生した部位や形状によって原因が異なるために、その原因に合わせた整形術が必要となる点です。選択を間違ってしまうことで悪化させてしまう可能性も否定できないため、種類を確認した後、その原因を調べることがポイントとなります。例えば、30代からの女性に見受けられる悩みの1つが肝斑であり、両頬の左右対象に薄く現れるシミであるのが特徴です。紫外線による影響はもちろんですが、原因となる境界線がハッキリ解明されていないシミでもあり、女性特有となる妊娠や出産などのホルモンバランスの乱れが影響しているケースも挙げられています。また、注意したいのがフェイシャルマッサージなどの刺激を与えることによっても肝斑は現れる場合があり、スキンケアにも注意が必要となります。その他、肝斑の場合には刺激によって色素沈着を引き起こす可能性も否定できないために、プチ整形術で提案されているレーザーを用いる施術が向いていない点にも気を付ける必要があります。この場合には、古い角質を剥がす薬物療法が適しており、皮膚再生を早めてメラニン色素を排除し、薄くさせる術式がポイントです。