簡単に消えないシミは機器のチカラを拝借|お肌の危機を救う方法

女性

肌の白さを取り戻すために

種類と治療方法の違い

女性

シミには、紫外線の影響を受けることでできるものと、ホルモンバランスによってできるものの2種類があります。原因が異なっているので、美容整形外科でおこなわれているシミ消し治療の方法も、それぞれ異なっています。前者のシミは、紫外線の影響を受けやすい肌の表面によくできます。したがって治療も、肌の表面に対しておこなわれます。具体的には、メラニン色素に高熱を与えるレーザーが照射されるのです。シミはメラニン色素が集まることでできますし、そのメラニン色素が熱されれば、それが沈着している肌も一緒に熱されることになります。するとかさぶたのようになり、自然に剥がれ落ちるようになります。そしてその下から、メラニン色素の沈着していない白い肌があらわれるようになるのです。そして後者の、ホルモンバランスによってできるシミの治療は、内服薬によっておこなわれることが一般的です。体の内部でメラニン色素が作られているので、薬の力でそれを抑えるわけです。メラニン色素の生成量が減れば、新しいシミはできにくくなります。そして既に肌にできてしまっているシミに関しては、肌のターンオーバーが進むにつれて、徐々に消えていくことになるのです。

効果が出るまでの期間

レーザー治療の場合、シミが比較的薄かったり小さかったりする場合には、1回の照射で消すことが可能となっています。しかし色が濃かったり大きかったりする場合には、1回の照射では消えないことがあります。その場合は、美容整形外科に定期的に通い、再度レーザー照射をしてもらうことになります。少しずつかさぶたにして剥がしていくことで、やがてはシミは跡形もなく消えることになるのです。照射は、1〜2ヶ月に1回のペースでおこなわれることが一般的です。内服薬による治療の場合、肌のターンオーバーがおこなわれることで、効果が出てきたかどうかが判明します。ターンオーバーは、個人差がありますがだいたい1ヶ月周期でおこなわれるので、その間は内服薬の服用を続ける必要があります。早ければその1ヶ月で効果が出てきますし、一般的には2〜3ヶ月ほどで効果を実感できるようになることが多いです。この場合もやはり、シミの色が薄かったりサイズが小さかったりした方が、効果が出やすいです。このようにシミは、色やサイズにもよるのですが、一朝一夕には消すことができないものなのです。したがって焦らずに、効果が出るまで待つ必要があります。そしてその間は、新しいシミができないように紫外線対策やビタミン摂取などをおこなっておくことも大事です。